病院ロゴ

 

一人一人の気持ちに向き合ったリハビリテーションを

 当院リハビリ部は、理学療法士5名、作業療法士1名で、急性期や回復期の病院での医学的リハビリテーションを終えても、引き続きその必要性が高い方に対して、積極的な機能訓練を実施しております。自宅で体調を崩したり、痛みで日常生活が困難になって入院された方に対して、療養によって体が弱くなりすぎないように、早期から医学的リハビリテーションを提供しております。
 酸素療法や気管切開など継続的な医療が必要な方に対しては、身体機能維持のため継続的に医学的リハビリテーションを提供いたします。在宅療養を考えている方で、訪問介護などの在宅支援機関との調整期間が必要になる方に対しては、その期間に療養を続けながら医学的リハビリテーションを提供いたします。

施設基準(医療保険)

運動器リハビリテーション(Ⅰ)

脳血管疾患等リハビリテーション(Ⅱ)

呼吸器リハビリテーション(Ⅰ)

施設基準(介護保険)

理学療法(Ⅰ)

作業療法(Ⅰ)

明るく開放的な機能訓練室


機能訓練室・通所リハビリテーション

日常生活動作・家事用設備

機能訓練室から中庭が見渡せます


主なリハビリテーション設備


ウェレンギャング(全身振動刺激装置)

トレッドミル(ランニング)

エルゴメーター(バイク)

パワーリハビリテーション①

パワーリハビリテーション②

パワーリハビリテーション③

パワーリハビリテーション④

平行棒・姿勢矯正用鏡

肋木

ハッピーライフ(高電位治療器)

磁気治療器(交流波磁気治療器)

SSP(低周波治療器)

赤外線

マイクロ

傾斜台

メドマー

重錘

ペグボード

全身振動刺激装置

 左右交互振動 + 水平スィング運動により、自然な振動で効率的にトレーニングやリハビリテーションが行えます。

ウェレンギャング

呼吸器リハビリテーション

 当院では、理学療法士・作業療法士による運動器リハビリテーション・脳血管疾患等リハビリテーションに加え、呼吸器リハビリテーションを行っております。

呼吸器リハビリテーション

ページトップ